新着情報
> ホーム > 新着情報 > 『桧日季レーベン』壁材和紙塗り壁について
2013.10.21

『桧日季レーベン』壁材和紙塗り壁について

・人に優しく、丈夫で、肌触りが柔らかな生きている天然和紙塗り壁材
100%天然素材(化学着材や化学塗料を全く使用しません)
夏は湿気を吸収、冬は水分を供給して湿度調整を行います。このことは日本の家屋に最も適した壁材であると言えます。

『動画から施工方法、和紙の塗り壁の特徴をご覧いただけます』☟

○材料○
①基本は和紙
 
和紙という日本の伝統的な素材を活用することで、 世界に類を見ない丈夫で柔らかい肌触りの壁材開発に成功しました(特許294972) 部屋の空気を吸ったり吐いたりして部屋の湿度を整える特徴はこの和紙の特性から得られたものです.

 

②「化学接着剤」
類は一切使用しない。このポリシーのもと私たちが目を着けたのは海藻糊
 化学接着剤に代わる強力な接着力を得ながら、なお天然の素材だから環境汚染とは全く無縁です。
和紙との融合で粘着力の強いひび割れのない壁材となります

③帆立貝の粉末
天然の貝殻粉末でカビを防止する。」
そんな都合のよいものを探しに探してヤットみつけた海からの贈り物。
ホタテ貝の粉末は殺菌作用が強く、すぐれた防カビ効果が得られ 防火作用をも手伝います。

④美しい色合いも自然素材

色合いを決める染料は自然にある色砂だけを使用。」
もちろん環境に優しく体にに影響はあり得ません。 

自然の物でしか味わえない美と風格、落ち着いた色調。これは「地球からのプレゼント

⑤酸化チタン
酸化チタンの光触媒効果で空気中の有害物質を無害化致します。
蛍光灯や太陽の光があたれば、酸化チタンが反応し空気中の有害物質を吸着し分解し続ける優れものです。
*子供のアトピーアレルギー等から守る事がでる室内の空気をきれいにする壁材

施工例

サイト内検索
上に戻る