新着情報
> ホーム > 新着情報 > 『桧日季レーベン』織物壁紙について
2013.8.28

『桧日季レーベン』織物壁紙について

【壁紙の使用材料】

織物の素材
綿、麻等の自然素材が中心です。
一部コストを下げるためレーヨンを使用しているものもあります。

接着剤(織物と裏紙の張り合わせ)
織物と裏紙の張り合わせには、可塑剤(フタル酸エステル類)を使用しない接着剤を使用しています。通常の壁紙の張り合わせに使われる接着剤よりも樹脂濃度を低濃度(20%)に押さえてあります。また、張り合わせ後120℃の熱処理をし、その成分を飛ばす努力をしております。

 

【壁紙の特徴】

通気性・調湿性があります。
織物と紙でできていますので通気性があり調湿性もあります。

吸音性があります。
施工した壁に音が反射しません。

薬品処理はしておりません
難燃剤、防腐剤、防かび剤等の薬品処理はいたしておりません。

  以上のように現在のできる技術で、コストのバランスを考えた中で、できる限り安全性を求めた壁紙です。
自然の織物の風合いをお楽しみください。

『色合いも様々』(クリックで拡大)

画像でしかお届けできないことが
残念です。宜しければサンプルをお持ちします。

サイト内検索
上に戻る